ブログ運営

【初心者ブロガー必見】なぜ、あなたはブログを書けないのか?その原因をお教えします。

ブログを書けなくて悩んでいる男性

こんにちは、ミスティー(@misty_blog)です。

「ブログを書けない…。」

「短文は書けるんだけど、長文になるとお手上げ…。」

こんな相談をよく頂きます。

かくいう私も、ブログをうまく書けなくて、これまで散々悩んできました。

・・・文章の才能がないから?
・・・インプット不足だから?

いいえ、どれも違いました。

原因は意外なことでした。

今回は、その原因をお教えするとともに『ブログをスラスラ書くコツ』を紹介しますね。

この記事を読めば、パソコンの前で手が止まることがなくなりますし、分かりやすくて読みやすい記事を書けるようになりますよ。

ブログを書けない原因

ブログを書けない原因

ブログを書けない原因は以下の2つです。

  • 記事構成を練っていない
  • ネタ集めを行っていない

この2つをしっかり行えば、ブログをスラスラ書けるようになります。

どういうことか?詳しく解説しますね。

ブログを書けない原因は「記事構成」を練っていないから

記事構成とは、いわば"設計図"のようなもの。

家や船を作るときも、まず最初に設計図を作りますよね。

ブログも同じです。

設計図、すなわち記事構成を作ることで、読みやすくて分かりやすい記事が完成するのです。

はじめに記事構成をしっかり練ると、

  • 何を伝えるのか?
  • どういった順番で伝えていくのか?
  • どの商品をアフィリエイトするのか?
  • どのタイミングでアフィリエイトするのか?

が明確になり、ザクザク売れるブログ記事が完成します。

難しく考える必要はありません。記事構成はワードプレスの執筆画面でざっくりまとめればOKです。 

私もそうだったのですが、多くの人は記事構成に力を入れていないので、筆が進まず「ブログ面倒くさい…。」「まったく発生しない…。」となってしまいます。

そうならないためにも、ブログを書く際は最初にきちんと記事構成を練りましょう。

これでスラスラ書けるようになるし、発生するようにもなります。

リサーチ不足も書けない原因

続いて、ブログは「事前リサーチ(ネタ集め)」も重要です。

事前リサーチとは、オリジナルな情報、つまり著者本人が直接的に体験から得た情報、考察、本人が行った調査や実験の結果などをまとめる作業です。

このリサーチ作業をしっかり行うと、情報としての価値が高くなります。

また、"情報量"が増えるので、網羅性の高い記事となり、Googleからの評価も高くなります。

リサーチは手間(+資金)と時間を要するので骨が折れますが、アクセスを集めたいならしっかり行うべきです。

私も記事を書く前にライバルブログを調査したり、本やネットから情報を仕入れています。

その結果、検索上位をたくさん取れているので、やはりリサーチは非常に重要だと言えますね。

ブログをスラスラ書くためのステップ

ブログの書き方(書くコツ)

ここからは「ブログをスラスラ書くためのステップ」を紹介します。

ブログを書くときは、まずはじめに「記事タイトル」を決めましょう。

そして次に「見出し(構成)」を決めます。

そして最後に「本文」です。

  1. 記事タイトルを決める
  2. 構成(見出し)を決める
  3. 執筆

といった3ステップです。

それでは詳しく解説しますね。

記事タイトルを先に決める理由

なぜ、記事タイトルを先に決めるべきなのか?というと「話の軸」がブレなくなるからです。

これは旅行を例に考えると分かりやすいです。

たとえば「旅行に行こう...!」と思ったら、まずどこに行くか?つまり「目的地」を最初に決めますよね。

目的地を決めずに家を飛び出しても、何がなんやら分かりません…。

目的地が決まっているから、

  • 何を持って行くべきなのか?
  • どんな服装で行くべきなのか?
  • いくら位必要なのか?

が明確になり、バッチリ準備できるわけですよね。

これと同じで、ブログを書く場合も最初に「記事タイトル=目的地」を決めるべきです。

記事タイトルが決まっていれば、あとはそのとおり書けばいいわけですから。

たとえば「鬼滅の刃 感想」というキーワードを狙うのであれば、記事タイトルは「鬼滅の刃のアニメを読んだ感想まとめ!」みたいな感じです。

で、あとは自分の感想をつらつら書いていけば良いわけです。

とにもかくにも、SEOで上位を目指すなら、先にキーワード(ユーザーが知りたい情報)を決めて、そのアンサーをしっかり提供していきましょう。

自分の書きたいことを書いてもアクセスは集まりません。

本文を書く前に「見出し」を決める

そして次に、記事の「見出し」を決めます。

なぜ、本文を書く前に見出しを決めるのか?というと、その方が書きやすいからです。

たとえば先に見出しを決めると、次に何を書くのか悩まなくなりますし、先ほどお伝えした「リサーチ(ネタ集め)」もしやすくなります。

また、見出しを先に決めてから書くと、頭の中が整理されるので「スピーディーに執筆できる」というメリットもあります。

逆に、見出しを先に決めないと、何を書けばいいのか分からなくなり、途中で筆が止まってしまいます。

これは非常に効率が悪いので、見出しは必ず先に決めましょう。

最後に本文を書く

で、見出しが完成したら、あとはその見出しに対して執筆していけばOK。

本文の書き方については、はじめは「PREP法」という型を使って書くのがオススメです。

PREP法とは、はじめに要点(結論・主張)を伝えてから、結論にいたった理由を説明し、理由に説得力を持たせる事例やデータを提示した上で、最後にもう一度要点を述べる構成です。

PREP法の構成

  1. 要点(結論・主張)
  2. 理由(結論にいたった理由・そう主張する理由)
  3. 具体例(理由に説得力を持たせるための事例・データ・状況)
  4. 要点(結論・主張)

というステップですね。

PREP法を使えば、誰でも簡単に「説得力のある文章」が書けるようになります。

私を含め、多くのブロガーが使っている便利な型なので、ぜひあなたも使ってみてください。(この記事もPREP方を使って書いてます。)

冒頭分(リード分)はどうする?

冒頭分(リード文)は1番最後に書くのがオススメです。

なぜなら、冒頭文は「本文の内容を要約した文章」だからです。

本文の内容を要約した文章を書くためには、自分自身が本文の内容を理解している必要があります。

たとえば、冒頭文には以下の内容を書くことになるのですが、

  • この記事にはこんなことが書いてあります。(メリット)
  • この記事を読むとこんな良いことがあります。(ベネフィット)
  • この記事を読むとこんな風に変われます(トランスフォーメーション)

これらの内容は本文を書いたあとの方が書きやすいですよね。

冒頭文を1番最初に書いてしまうと、本文の内容と一致しなくなることがあるので、本文を書いてからリード文を書きましょう。

ブログを書けない原因|まとめ

ブログを書けない原因|まとめ

この記事では「ブログを書けない原因」を紹介しました。

ブログを書けない最大の原因。

それは「記事構成を練っていない」と「ネタ集めをしていない」の2つです。

この2つを事前にきちんと行えば、パソコンの前で手が止まることがなくなり、サクサク書けるようになります。

ブログを楽に書くステップは以下です。

  1. 記事タイトルを決める
  2. 見出しを決める
  3. 本文
  4. 最後にリード分(冒頭分)

ポイントは「最後に本文を書く」という点です。

最初に記事の枠組み(記事構成)をしっかり作ると、読みやすくて分かりやすい記事に仕上がるので、ぜひ実践してみてください。

それでは今回はこの辺で!
ありがとうございました。

合わせて読みたい

ブログ継続のコツ(アイキャッチ画像)
ブログ継続のコツを伝授!継続できない…。継続するのが難しいと悩んでいる方必見!

続きを見る

ブログで稼げない人
【真理】ブログで稼げる人と稼げない人の違い!稼げる人は「行動力」がズバ抜けている!

続きを見る

ブログ ジャンル 決め方
ブログのジャンルが決まらない方必見!ブログジャンルの決め方を完全解説!

続きを見る

成果報酬型で稼ぐコツ(アイキャッチ画像)
ブログ初心者必見!ASP案件(成果報酬型広告)で稼ぐコツを徹底解説!

続きを見る

雑記ブログのメリットデメリット
雑記ブログのメリットデメリットについて考えてみた。特化ブログしか稼げないと言われているけど本当?

続きを見る

ブログに疲れた人アイキャッチ画像
【もう限界...。】ブログに疲れたらどうすればいい?おすすめの対処法をお教えします。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ミスティー

2016年にブログを始める→2年間まったく稼げず挫折⇨半年後に再挑戦⇨月100万円突破・月100万PV達成・オンラインサロン『マクサン』卒業(2か月連続で月50万円達成)。現在は『SEO・コピーライティング・心理学』などを教えています。

-ブログ運営